MAFカプセル ラベル変更・内容量変更のご案内

2019/11/01
by Saisei Pharma

MAFカプセル ラベル変更・内容量変更のご案内

■ラベルに記載されております製品名については、従来の

【初乳MAF】(ショニュウ マフ)から、

【MAF CAPUSULES】(マフ カプセル)へと変更されております。

この変更は名称を海外国内共に統一すること念頭に2019年8月以降出荷分より順次変更させていただきました。

■ラベルに表記されております栄養成分表示の1粒当たりのグラム数が変わった点については、

重量変更(グラム数の減少)は、全て添加物の組成変更、及び高品質材料への切り替えに伴うものであります。

1粒当たりの重要な主成分の量に関しては、従来の製品と比較して全く変更しておらず、同量がカプセル内に配合されております。

添加物の組成変更、及び高品質材料への切り替えに関する詳細な理由をご説明いたします。重量が変更した主な理由が二点ございます。

その一つは、ステアリン酸カルシウムを無くしたことによるものです。ステアリン酸カルシウムについては日本国内では使用に関しては問題ないとされているのですが、EUやUSでは規制の対象になることが多い物質です。

そのため、この度の製造分よりこのステアリン酸カルシウムを無くすことにいたしました。

もう一つの理由につきましては、微結晶セルロースの変更です。従来使用したものでも問題は全く無かったのですが、更に純度が高く高品質なものを採用することにいたしました。この変更によりカプセル内の粉末の流動性が変わったため充填量が少なくなりました。先に記しましたとおり、充填量が少なくなりましたが、主成分の配合量は従来と同じになるような組成となっております。

上記二点の変更により、1粒当たりの重量が従来の0.277gから0.148gへと変更となりました。繰り返しのご案内となりますが重量は変更になりましたが、主成分の配合に変更はないため、重要な成分の量は全く変化しておりません 。

添加物を見直し、品質をより向上するための製品改良が、 今回の重量変更の主たる理由であることをご理解いただけると幸いです。

宜しくお願い申し上げます。